• ARアプリ
  • ラジオ体操 カードの歴史
  • 平成24年度 新卒者の皆様へ
  • 技術者ブログ
  • リクルーティングブック 「スガキ」の仕事

富山スガキHOME > スガキブログ

技術者ブログ

明スガキっと輝く!営業新人奮闘記③

2012年1月21日 15:00

 営業部新人、ハンコを押す手が今だに震える花村です。前回は現場での研修についてお話させていただきましたが、今回は営業部での研修についてお話させていただきます。

 

 「ウチの営業職って簡単じゃないんやぞ」

 

 こんな風に語っていた営業部Y課長の言葉の意味を理解したのは先輩との初同行の時でした。お客様の要望を聞き出し、形にすることが印刷営業の最大の使命...と本に書いてあったのですが、要望を聞き出し、形にする行為をあっけらかんとやってのける先輩には本気で感服いたしました。正直カッコイイですね。先輩曰く「いつかは出来るよ」と言うことなのですが、果たして私にこんなことが可能なのか...まだまだ覚えるべきことがあるようです。

 

 この覚えるべきことなのですが、本当に多いのです。医薬品包装の営業担当なら、医薬品とその包装に関する法律、医薬品の効能・効果、お客様の工場の仕様などなど、頭が混乱しそうなくらいに覚えることがあります。パンフレットやポスターなどの営業担当なら、お客様の企業情報、本のページ割り、本のレイアウト...考えればキリがありません。それほど印刷営業は奥が深いものだったのです。

 

 現在は先輩のお手伝いを含め、様々な雑務をこなしています。先日は再来年度卒の学生対象の就職フォーラムに参加し、学生の方々と簡単な面談を行ってきました。学生の方々を見たときにハッ!と気が付いたのですが、あと3ヶ月もしたら次の"新入社員"が入社してくるんですよね。当然のことですが、いつまでも新入社員じゃいられないのです。奥深く、難しい印刷営業ですが、戦力として成長しなければなりません。まずは先輩のお役に立てるようにならねば...

 

 これで最後となりますが、本文のタイトルのように"明日がきっと輝く"ことを信じ、今後も精進したいと思います。機会がありましたら、このブログや日常生活の中でお会いしましょう。では

スガキブログ一覧に戻る

ページの先頭へ