SDGsへの取り組み < 企業情報 < HOME

企業情報Company

SDGsへの取り組み

 

今のニーズ・未来のニーズを創造し続け、人々の健康で豊かな暮らしをアシストする

富山スガキでは、SDGsの達成に向けて「人にやさしい・環境にやさしいパッケージの開発と製造」に取り組んでいます。
FSC®森林認証紙の使用促進や環境配慮型インキの使用といった、印刷物製造における環境負荷の低減に加え、プラスチックの使用を抑えるパッケージやリサイクルしやすいパッケージなど、製品設計の面からも環境への配慮に取り組んでいます。
また、医療現場での作業性向上につながるパッケージや患者の服薬をサポートするパッケージなどの開発を通じて、人々の健康で豊かな暮らしをアシストすることにも積極的に取り組んでいます。
当社は、こうした取り組みを通じてさまざまな社会課題の解決に貢献していきたいと考えています。

 

環境にやさしい印刷物の製造

取り組み内容

関連するゴール

●FSC®森林認証紙の使用促進

FSC®森林認証紙は、森林そのものを資源と捉え、認証された森林木材から製造した紙です。トレーサビリティを確保するため、森林の伐採(FM認証)から流通・加工・製品化まではCoC認証を受けた企業により管理されます。当社はCoC認証を取得しており、幅広い銘柄のFSC®認証紙を取りそろえて積極的に使用しています。

●環境配慮型インキの使用

当社では印刷の仕様や用紙の特性に合わせて2種類のインキを使い分けていますが、いずれも環境に配慮した仕様のものを使用しています。

白板紙や商業印刷用の薄紙に用いる油性インキとしては植物油インキを、蒸着紙やホイル紙などに用いるUVインキとしてはNon-VOCインキを使用しています。

●デジタル印刷への対応

刷版(アルミのPS版)を使用しない、デジタル印刷機による印刷物の製造も行っております。オフセット印刷とは異なり刷版を使用せず、立ち上がりに必要な予備紙も極端に少ないことから製造における環境負荷を小さくすることができます。
さらに、ロットによる色の差異がほとんどないというメリットもあります。

 


人にやさしい・環境にやさしいパッケージの開発

取り組み内容

関連するゴール

●医療現場での業務や患者の服薬をアシストするパッケージ

医療現場で使いやすいパッケージや患者の服薬をアシストするパッケージを開発することによって、人々の医薬品へのアクセスをより容易にし、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ達成を包装資材の面から支援しています。

●ユニバーサルデザインパッケージ

あらゆる人の利用を考慮したユニバーサルデザインの考え方をパッケージの型設計にも取り入れ、高齢者や力の弱い方、視覚に障害のある方にも使いやすいパッケージを開発しています。

表示においては、読みやすい文字「UDフォント」を使用し、「カラーUD」に配慮した配色を行うことによってすべての人が必要な情報を正しく読み取ることができるように工夫しています。

 

●チャイルドレジスタンスパッケージ

横浜薬科大学との共同研究として、子どもの医薬品誤飲を防ぐCR(チャイルド・レジスタンス)パッケージの開発と検証試験を実施しています。

子どもが簡単に薬を取り出せないようにロック機能がついたパッケージは、特定の操作を加えないと開けることができない構造になっています。CR機能の有効性を確認するために、保育園児を対象とした検証試験や高齢者の使用性(シニア・フレンドリー)に関する試験も実施しています。

 

 ●プラスチックの利用低減につながるパッケージ

これまでプラスチックの資材を使用していた機能を紙で実現することによって、環境への負荷を低減します。

台紙が一体になったパッケージは、プラスチックを使わずにブリスターパックのような使い方ができます。

 

 ●リサイクルを促進するかんたん廃棄機能

使い終わった箱を簡単にたためるようにすることで、リサイクルを促進します。また、たたんだ後のパッケージが膨らまないように工夫することによって、ゴミの減容化にも役立てています。

 


社会との調和を目指す取り組み

取り組み内容

関連するゴール

●ラジオ体操カードの寄贈

「ラジオ体操」は昭和3(1928)年に制定され90年以上の歴史があります。富山スガキでは昭和23年、戦後の社会に明るさと温かさを、そして子供たちに元気をという願いを込めて、初代社長須垣久作が、ラジオ体操カードを富山市内の小・中学校・幼稚園に贈りました。この活動は今も続けており、親・子・孫へと受け継がれ、市民の心に残っています。
富山スガキではこの活動をSDGs達成に向けた取り組みの一つと捉え、これからも続けていきます。

 

●健康経営

従業員の健康に対する意識を高めるために、研修会等を実施しています。また、従業員に対する健康診断受診後のバックアップとして、さまざまな制度を設けています。

 


先頭に戻る